本文へスキップ

Curtain-BJは、オーダーカーテンの縫製を専門とする縫製工場です。

お電話でのお問い合わせは
平日のみ/土日祝はFAX・メールのみの受け付け
    AM9:00〜PM7:00 FD 0120-776-876

TEL 052-837-0571 FAX 052-837-0573

カーテン ・ ローマンシェードの 採寸方法

カーテン (腰窓の場合) W= width   (巾)
H= height (高さ)
採寸方法(カーテン)

はカーテンレールの長さを図って下さい。
高さはカーテンレールの中を走っているランナーの、フックを引っ掛けるリングから下を図って下さい。
裾までの長さは、腰窓の場合は机とか障害物が無ければ、窓枠より15〜20cmほど下げたところを上がり寸法とします。

カーテン (掃き出し窓の場合) 掃き出し窓の場合床より1〜1.5cmほど上げところを仕上がり寸法とします。
ドレープとレースの二重吊りの時は、レースの丈寸法をドレープよりも0.5〜1cmほど短くした方が良いと思います。





数量計算(要尺計算)
基本としては(仕上がり丈+35cm)X巾数ということになります。
35cmは上下の折り返し用縫い代です。
巾に関してはカーテンレールの長さXヒダ倍率、
つまり、レール長200cmでしたら2倍で4m分必要
と言うことになります。生地巾が1m巾でしたら4巾、
1.5m巾でしたら3巾必要と言うことになります
例・・・W190cmXH182cm 2倍使い(三つヒダ)
生地1m巾
217cmX4巾=8.7m生地1.5m
217cmX3巾=6.6m
この例は生地を無地としての計算です。もし柄が
ある時はリピート計算が必要になり、もう少し要尺
が増える可能性があります。 
        ヒダ倍率  
1.0倍〜1.3倍・ヒダなし(プレーン)
1.5倍〜1.8倍・二つヒだ      . 
2.0倍〜2.5倍・三つヒダ・ギャザー


要尺計算、ご遠慮なくお申しつけ
下さいい。




カーテン見積もり依頼フォームよりどうぞ。



シェード (腰窓の場合)
 W= width  (巾)
  H= height (高さ)
はめ込みタイプ
採寸方法(ローマンシェード)

 巾は窓枠よりも少し出した方が視線、隙間風等を防ぐことが出来ます。
上部も枠の上に下地があることが確認できましたら、タタミしろ分(15〜20cmほど)を上に上げることで日光等、窓を十分活用することが出来ます。
窓枠の中に取り付ける時は、左右と下を1cmぐらい開けて下さい。

左右は5cmづつ
下も5cmぐらい出す。
左右は1cm
下も1cmあける
 W= width  (巾)
  H= height (高さ)
シェード (掃き出し窓の場合)
掃き出し窓の場合も基本的には同じです。
ただ掃き出し窓の場合、どうしても大きめのサイズになります。
ローマンシェードはカーテンと違い上下方向の操作になります。
つまり重量が大きな問題となります。
トラブルの多くは重量が重過ぎてメカにトラブルが起きる、と言うケースがほとんどです。
もし差し支えなければ出来る限り軽い生地、二台に分ける等をご相談下さい。



要尺計算、ご遠慮なくお申しつけ
ください。シェード見積もり依頼
フォームよりどうぞ。

 数量計算(要尺計算)
 ローマンシェードの多くを占める、プレーンタイプ、シャープタイプは
共にフラットです。
上下、左右に20cmづつ
(無地の場合)の縫い代があれば作製出来ます。 
逆に言えば、1m巾の生地2巾で出来る寸法は、
200cm-20cm=180cm 巾は180cmまで製作可能と言うとになります。
(耳処理によっては192cmまで可能です

 例・・シャープシェード  (生地 1.5m巾 無地)
    W120cmXH150cm  コード式 右操作1台

   *巾は120cm+20cmで計140cm必要ですが 1.5m巾ですので1巾でOK。
     あとはHに20cm足して1.7mあれば出来ます。 

shop info店舗情報

Curtain-BJ

〒468-0072
愛知県名古屋市天白区大坪一丁目906番地
TEL.052-837-0571
FAX.052-837-0573